(大分市防災メール)今日から始めよう『防災対策』!

本メールは、大分市防災メールの受信確認用テストメール(毎月1日配信)です。
今回は、「津波の危険から身を守る方法」についてです。

■沿岸部や川沿いにいる際に「すぐ避難!」すべきパターン
〇これまでに感じたことのない揺れを感じた。
〇大津波・津波警報が発表された。(揺れを感じなくても)
>>
・沿岸部や川沿いから直ちに離れて高台などの安全な場所へ避難する。
・ここなら安心と思わず、より高い場所を目指して避難する。

■津波から避難する3つのポイント
①まずは海や川から離れる
津波により浸水が想定されている地域では、まずは浸水想定区域外への避難を最優先に。
②避難は徒歩で
原則として車で避難しない。
③逃げ遅れたら「高く」に
すでに浸水が始まってしまっていたら、「より高い」場所に逃げる。

■避難した後は
〇正しい情報をスマートフォンやテレビ・ラジオで入手する。
〇津波は繰り返し来襲するので、警報・注意報が解除されるまでは絶対に海岸に近寄らない。

津波が見えてからでは避難が間に合いません。命を守るには、津波が届かない高い場所へ避難するしかありません。津波の危険がある場所では、「大きな揺れを感じたら、すぐ避難する」ということを心掛けておきましょう。

わが家の防災マニュアル(大分市ホームページ)

おおいたマップ(総合ハザードマップ⇒津波ハザードマップ)

 
エリア登録するには、ユーザー登録してください

【大分市】メール配信元

リアルタイムの情報収集には、以下の情報源から登録してください
  • 大分市防災メール
  • 最新の【大分市】の防災メール