霧島山(新燃岳):火山の状況に関する解説情報(第002号)

3月2日14時15分
福岡管区気象台 鹿児島地方気象台

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 新燃岳では火口直下を震源とする火山性地震が更に増加しています。火山活動が次第に高まってきており、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げる可能性があります。今後の情報に注意してください。

新燃岳では、火口直下を震源とする火山性地震が更に増加しており、火山活動が次第に高まってきています。火山性地震は本日(2日)14時までの24時間で16回発生しました。

 3月1日からの火山性地震の回数は以下のとおりです。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

             火山性地震
 3月 1日          5回
    2日14時まで    11回
 
 GNSS連続観測では、昨年(2021年)12月頃から、霧島山を挟む一部の基線において、霧島山の深い場所でのマグマの蓄積を示すと考えられるわずかな伸びが認められます。
 
 火山活動がさらに活発化する可能性がありますので、今後の情報に注意してください。

活火山であることから、新燃岳火口内、火口縁及び西側斜面の割れ目付近では、火山灰の噴出や火山ガス等に注意してください。
 地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでください。

火山の状況に関する解説情報(詳細)

————
▼登録内容の「確認・変更」は以下のTOPページへアクセスしてください。

 
エリア登録するには、ユーザー登録してください

【熊本市】メール配信元

リアルタイムの情報収集には、以下の情報源から登録してください
  • 熊本市災害情報メール
  • 最新の【熊本市】の防災メール